次は間取りのプランニング

今回から間取りのお話になった。ヒアリングしてもらうんだけど、かなりじっくり話をした。西尾市の新築の間取りが得意な工務店さんは家づくりヒアリングシートというものをつかって、ヒアリングをしてくれた。これは宿題を夫婦でやってきて、その内容をもとに工務店の担当さんが話を膨らませていくというやりかた。

家でヒアリングシートをやる時は、必ず旦那とやることって工務店さんに釘をさされたけど、確かに一緒にやってわかったけど、全然思いが合ってない。まさかそこ?っていうくらい旦那のことがわかったと思う。特に、何に今悩みをもっているかっていうところでいくと、アパートの音の問題や結露、この2つが私の悩みだったのに、旦那はそんなにそこは悩んでないらしい。逆に、部屋数がたらないとか、風呂が狭いとか、寒いとか、そういうところが悩みどころらしい。

私はどっちかっていうと、風呂はせまいとはおもうけど、そこまでではなかったからびっくりした。