新築の外観どうしようか

新築の打合せを工務店さんとしていると、おウチの外観の話になった。屋根が三角になった切妻屋根、四角錐みたいになっている寄棟屋根。斜めに片方にだけ落ちているようなイメージの片流れ屋根。屋根だけでもこれだけの種類がある。ちなみにこの新築を打合せしている工務店は、三角屋根の場合はカラーベストというコロニアル瓦になる。寄棟屋根だと陶器瓦で、片流れだと、ガルバリウム鋼板かカラーベストになるそうだ。へ〜屋根の種類によって使う材料も変えてるんだって居言うことがわかった。

家の形も、1階と2階が同じ大きさの総二階と言われる形と、2階のほうが小さい形とがあるという。その場合は、1階だけの部分に屋根がついて、それを下屋というふうに呼ぶそうです。いろいろとちゃんとそういうところまで説明してくれるので、ありがたいなって思った。

ちなみに私は瓦が良いので、寄棟屋根が良いなって思うんだけど、旦那は太陽光を乗せたいらいくて、切妻から片流れ屋根がいいと言って意地を張っている。